BASIC   INFORMATION

​ケアンズの基本情報

ケアンズは人口約20万人の小さな都市ですが、毎年世界中から多くの人が観光で訪れます。多国籍な街の雰囲気は勿論、観光大国オーストラリアを代表する街として、日本からも短期旅行だけでなく、ウェディング、個人撮影、長期留学生やワーキングホリデー等、様々な目的で楽しめるところとして大人気です。一昔前までは一般的に留学と聞くと、アメリカやイギリス等の大きな都市に行くことがステータスと言われていましたが、今の時代は気候や街の規模、治安や生活費、さらには今後のキャリアに繋がる就職先等もトータル的に考慮した上で、自分にあった過ごしやすい環境でしっかり英語や海外の文化を学べるケアンズをお勧めする事が出来ます。

1.

​ケアンズの気候​​

ケアンズの気候は日本のように四季はなく暖かい”雨季”と涼しい”乾季”だけに分かれています。オーストラリア大陸は日本と反対側の南半球に位置するので、12月から5月頃が雨季、6月から11月頃までが乾季となりますが、基本的に一年中暖かい熱帯雨林気候となっています。雨季は蒸し暑く、最高気温が38℃くらいになる日もあります。ただ雨季といっても1日中雨が降るわけではなく、朝晩によく降るくらいです。乾季は比較的に雨も少なく穏やかです。乾季は過ごしやすい気温で、1年の中で一番寒い8月でも海水浴を楽しめます。

2.

​ケアンズの物価

​①食品に関して

 

オーストラリアは今に至るまで著しい経済成長に伴うインフレによって、基本的に物価が高いイメージが強いですが、実際には農業や酪農が盛んな為、野菜やフルーツ、お肉、乳製品等に関しては、比較的に手頃な価格で購入が可能です。特にケアンズは年間を通して暖かい気候なため、マンゴーやパパイヤ、ココナッツなどの日本では割高な南国フルーツも安く買うことができます。ただ逆に日本に比べて高く感じるのは、魚介類や、ジュース、お菓子等の加工食品や、レストランやカフェでの外食時が挙げられます。特にペットボトルのジュース等は約日本の2倍の値段となります。ポテトチップスも安くても$2程度からになっていて、お菓子やジュースなどを頻繁に購入する事はお勧め出来ません。留学やワーキングホリデー等の長期滞在でケアンズに来る予定の方には、むしろスーパーである程度の食材をまとめて購入して、自分自身で簡単な料理などで楽しくコストカットに挑戦してみる事をお勧めします。

②滞在費に関して

 

州それぞれの方針や考え方を重視するオーストラリアでは街の大きさや住む地域によって滞在費は違います。一般的にシドニーやメルボルン、ブリスベンやパースなど人口の多い地域での滞在費が高く、ケアンズのような小さな都市は安くなるので、オーストラリアのような英語をネイティブから学ぶ事が出来る環境は魅力的だけど、生活費は出来るだけ安く抑えたいと思っている人にとって大きなポイントだと思います。

1、シェアハウス

 

ケアンズのシェアハウス(1人部屋)の相場は、1週間の家賃が$100~170(約7000円~12,000円)程度。1ヶ月で計算しても日本円で5万円弱に収まります。これはオーストラリアの滞在費としては格安になります。また、一軒一軒の土地が大きいケアンズでは、家にプールやBBQセットが設置されている事も多く、色んな国から語学留学に来ているシェアメイト達と一緒に楽しめる空間がある、ケアンズのシェアハウスは全体的にお得感が強いと言えます。

 

2、ホームステイ

 

ケアンズのホームステイの相場は、1週間の家賃が$260前後になります。

シェアハウスと比べると割高になりますがシェアハウスとの違いとして家賃に毎日の朝食&夕食が含まれる事、さらに何といっても国際交流に関心のある地元の家庭に受け入れてもらう事は、慣れない海外生活をスムーズに始めることが出来ます。

結果的に有意義な滞在を送るために大きな助けになると思います。

3.

​ケアンズの交通事情

①バス利用に関して

 

バスに関しては、サンバス(Sunbus)と呼ばれる市バスが運行しています。行き先によって本数に差があり、運行本数の多いルートであれば1時間に3〜4本運行しています。ただし週末には運行本数が減る場合が多いので、利用の際には注意が必要です。

またサンバスは、観光地や商業施設など市内の主要なスポットにアクセスしており、

長距離移動が主体の電車や、観光地巡りができるタクシーよりも料金が安くなります。バス停ごとに料金が設定されているのではなく、エリアを超えるごとに料金が増える「ゾーン(区間)」が料金体系の主軸となっており、1ゾーン内は2.3AUD(約189円)、2ゾーンは2.8AUD(約230円)といった具合にバス料金がエリア毎に決まっています。渋滞がないので、比較的に時間通りに、乗車の際に行く先を告げて料金先払い。その際にチケットを受け取りますが、降りる時に定時する必要はありません。

現金で支払いとなるので、前もって5ドル紙幣か小銭を用意しておくと慌てなくて済むかと思います。

 

​②タクシーまたは、UBER利用に関して

 

タクシーはケアンズ市内を走っていますが、日本のように流しで走っている事はないので、事前に電話をして希望の場所まで向かえに来てもらう必要があります。

さらに近年オーストラリアではUBARの利用者も増えてきますので、到着後アプリをダウンロードする事もお勧めします。

 

③ご自身での自動車の運転に関して

日本と同じ右ハンドル、左側通行、少ない交通量、道幅の広い道路なので快適なドライブが楽しめると思います。ただラウンドアバウトというロータリー交差点があります。ラウンドアバウトでは右から来る自動車が優先になりますのでご注意ください。

さらに郊外のナイトドライブでは、夜行性のカンガルーやワラビーが道路上に飛び出して来る可能性がありますので、注意が必要です。

4.

ケアンズの緊急連絡先​

緊急時(病気やケガ、VISA関係のトラブル)

 

①日本語医療サービス(365日24時間日本語対応)

 

電話番号:1800-688-909または1800-686-801

住所: Grafton St, Cairns City QLD 4870

ホームページ:http://cairns24jmedical.go-jin.com/

 

②CTLMedical Service (日本語対応※常勤ではない。電話確認が必要)

 

電話番号:1800-450-110

住所: Ground Floor, 15 Lake Street Cairns 4870

診察時間: 月~金曜 08:30~18:00/土曜 09:00~12:00/日曜休診日

ホームページ:http://www.ctlmedical.com.au/

 

③Mcleod st Medical Interpreter Service (日本語対応※常勤ではない。電話確認が必要)

 

電話番号: 07-4052-1583または0423-762-772

住所: 67 McLeod Street, Cairns QLD 4870

診療時間: 月~金曜 08:00~17:00/土曜 08:00~11:00/日曜休診日

ホームページ:http://www.mcleodstmedicalcentre.com.au/

 

④ケアンズ日本領事館

 

電話番号:(+61) 7 4051                                                                                                  

住所: Level 15, 15 Lake Street Cairns 4870

開館時間:(一般)月~金曜 08:00~17:00                                                                                 (領事・査証部)月~金曜 09:00~12:00 13:30~16:00                                  

ホームページ:https://www.brisbane.au.emb-japan.go.jp/en/about/cairns.html                             E-mail:jcairns@bb.mofa.go.jp / japanconsulate@iig.com.au

5.
​ケアンズの語学学校
<CCEB>

Cairns College of English & Business

一般英語コース

IELTS対策コース

就職対策プログラム

ツーリズム資格コース

チャイルドケア資格コース

​シェフ資格コース

​​etc.

​ケアンズ最大級

新校舎(2018年)

資格取得に強い

<SPC>

Sun Pacific College 

海沿い校舎

​キャンパス寮完備

​アットホームな環境

ENGLISH POLITY

一般英語コース

ケンブリッジ対策コース

​英語&ダイビング資格コース

​​etc.

<OHC>

Oxford House College English Cairns 

​世界中にあるグループ校

​シティキャンパス

ENGLISH POLITY

一般英語コース

IELTS対策コース

​マンツーマンレッスン​

​​etc.