Cairns Features 

​​ケアンズの街の特徴

ケアンズは1,984年のケアンズ国際空港オープンともに、UNESCO世界遺産に登録された世界最大のサンゴ礁グレートバリヤリーフや、世界最古の森レインフォレスト等、オーストラリアの大自然を堪能出来る場所として、世界中から多くの人が訪れる世界中でも屈指の観光都市となっております。日本からも1990年代の海外旅行ブームの中で、ハワイやグアムの次の目的地として多くの観光客が訪れるようになります。またケアンズの街がオーストラリア大陸の北東に位置することから、北半球からの観光客にとってオーストラリアの玄関口としての役割も重なり、年間約200万人の観光客ものる観光都市になった理由の一つと言われています。日本からの直行便は成田国際空港、関西国際空港(大阪)からそれぞれ毎日運行の直行便があり、経由便では、ユナイテッド航空がグアム経由、キャセイ・パシフィック航空が香港経由、ニューギニア航空がポートモレスビー経由などが運航しております。ケアンズ市の人口は約16万人の小さな街で、市内中心部は歩いて2時間ほどあれば歩ける大きさです。買い物は海外からの観光客で賑わうナイトマーケットや、DFS免税店、日本語医療施設、日本食品店、大型ショッピングセンターなどが全て街の中心部にあります。さらに、移民の受け入れに寛大なオーストラリアの特徴もあり、国際色豊かなレストランが街中には並んでいます。世界三大料理の中華、フランス、トルコをはじめイタリア、メキシコ、スイス、ギリシャ、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、韓国、日本、そして地元ならではの豪快なオージービーフが楽しめるステーキハウス等、多くの民族料理を楽しむ事が出来ます。観光においてはやはりマリンスポーツのメッカになっており、アクティビティーもスクーバダイビングさらにはオーストラリアの大自然を満喫出来るスカイダイビング、乗馬、釣り、ラフティング等も人気があります。そして何と言ってもケアンズは、治安が良く、田舎町ならではのゆったりとした空間の中で、マイペースな時間を過ごせる事から語学留学やワーキングホリデーの滞在先に選ばれています。

1.

山と海の世界遺産​

ケアンズは2つの世界遺産の玄関口として知られています。 1つは世界最古の熱帯雨林に囲まれたキュランダ。 もう1つは世界最大のサンゴ礁地帯グレートバリアリーフです。 日本では見られない雄大な自然を満喫できるうえ、アクティビティも楽しめる二大世界遺産は、ケアンズの代表的な魅力となります。

2.

​世界有数の観光スポット

​オーストラリアの代表的な観光は全て揃っていると言われる程、ケアンズは国内でも最大の観光スポットとなり、世界中から多くの観光客が訪れるからこそサービス、ホスピタリティやツーリズム関係の仕事に就けるチャンスが他都市と比べても圧倒的に高いと言われています。

3.

ネイティブイングリッシュを学べる

オーストラリアは元々イギリスの植民地だった歴史もあり、母国語は英語になります。最近ではアジアやその他様々な国や地域で英語が共通言語になる中で、留学の場所にアジアを選ぶ人も多くなってきておりますが、やはり母国語として使う英語と後から覚えた英語では根本的なニュアンスの違いも大きく存在しますので、基礎からしっかりと英語を学びたい方にはお勧めです。

4.

​人が優しく治安が良い

日本が初めてワーキングホリデー協定を結んだ国はオーストラリアです。昔から貿易等で交流のあった両国間で、お互いの文化に触れながら、長期かつ総合的に広い視野を持った人材を育成するのが目的で、様々な職業に従事する機会があります。またオーストラリアでは学生ビザで滞在している間も、最大週20時間までの就労が認められていますので、帰国後のキャリアアップを目指す人にとっても有利な環境です。

5.

​医療&​衛生面が世界高水準

​海外生活において、とても重要なのはその国の衛生面です。ケアンズは基本的な衛生面の管理がしっかりとされているので、水道水も飲むことが出来ます。さらに医療&福祉の分野において非常に力を入れており、現地でもし何か病気やケガをした場合も、高度な治療やサービスを受ける事が出来ます。

6.

​多民族&多文化国家

オーストラリアは世界屈指の多民族国家です。様々な国籍の人々がいて沢山の文化が混ざっていることから、国際色豊かな街の雰囲気やレストランでの食事を楽しむ事が出来、さらにアメリカやイギリスといった英語圏に比べて、留学生も暖かく受け入れてくれる雰囲気があります。

7.

​穏やかな気候

ケアンズは熱帯の気候にあり、年間を通じて暖かく過ごしやすい気候になっています。人によって好きな気候がありますが、日本のような厳しい寒さはなく、留学中も開放感のある気候で語学勉強に集中することが出来ます。